Home>ヌーヴォ(カテゴリ)  TotalPages3 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のヌーヴォーは!!偉大な年の上をいく!?

2015.10.27 Tue

★残り12本★
エスポアたびらオススメのラフォレさんのヌーヴォーの情報が届きました!

12063408_892386914173264_89.jpg

『色が濃く、さくらんぼのような香りがあります。

味わいは、まるで本物のフルーツバスケットように、果実味たっぷり!
肉厚で余韻も長いです。

今年の2015年のラフォレのヌーヴォーは、偉大な年の2009年や2005年と同じレベルか、その上をいくよ!

11月19日の解禁日に、皆様に楽しんで飲んでいただけると思います。

11月2日の出荷に備えます。
皆さん、今年のヌーヴォーを是非お楽しみください!
では、また来年お会いしましょう。À bientôt ! (ア・ビアント!)』

DSCF916112.jpg

¥4,480(予約割引10%OFF)⇒ ¥3,980  
★予約割引11月15日まで
ご予約はお早めに!!
TEL:0855-52-2018 Mail:espoa@tabira.jp
スポンサーサイト

ラフォレ★ボージョレ・ヌーヴォ2015

2015.09.18 Fri

今年のボージョレ・ヌーヴォは11月19日(木)解禁!!
エスポアたびらがおすすめする【ラフォレさんのヌーヴォー】の収穫の様子が送られて来ました。

*****
L'équipe de vendangeurs travaille bien avec une bonne ambiance.
収穫人チームは、素晴らしい雰囲気で本当によく働いてくれているよ!!
*****

9月2日(水)にいよいよ収穫を開始しました!
 8月の最終週はとても暑く、ブドウの樹は暑さと乾燥に苦しめられました。
しかし、クオリティは非常に高い、素晴らしいものになりました。
31名の収穫人たちは本当によく働いてくれ、最高の雰囲気で収穫作業をしています!

2015rafore.jpg

ブドウはとてもよく熟しており、糖度も申し分ありません。
凝縮感のある、骨格のしっかりしたワインができるでしょう。

rafore2015.jpg

ヌーヴォー用のブドウは、収穫初日の朝に摘み取られ、翌日の夜には醗酵を開始しました。
きっと醗酵も順調に進んでくれると思います。

rafore201509.jpg

トマもピエールも私も、今年のヌーヴォーは、偉大なヴィンテージになると期待しています!
出来上がりが楽しみです。

★パンの日★
9月18日(金)&19日(土)
*焼き上がり13時

★月末ワインBAR★
18:00~23:00(LO22:30)

9月25日(金):残りカウンター6席
9月26日(土):残りカウンター1席
9月27日(日):お席に余裕があります。
9月28日(月):お席に余裕があります。
9月29日(火):お席に余裕があります。
9月30日(水):お席に余裕があります。

ラフォレさんの造るヌーヴォーの魅力

2013.11.15 Fri

本日【小豆島の新漬けオリーブ】入荷しました!
予約で残り少なくなっていますが、また12月上旬に入荷予定です。

さて、引き続きラフォレさんのヌーヴォーをご紹介
【ラフォレさんの造るヌーヴォーの魅力】

その①:代々受け継ぐナチュラルな畑と造り

210.jpg

4代続く蔵元でジャン・マルクさんは16歳の時からワイン造りを始めた。
除草剤は一切使わない手間暇かけた畑仕事。

0660.jpg

SO2(酸化防止剤)の使用も瓶詰の際に最低限添加するまさに自然な造りのワイン。

その②:しんどさも楽しさも分かち合う

DSC_7509-1.jpg

合宿スタイルでの仕事を超えた喜びの収穫!
収穫はすべて手摘み行われるのだが、最近は手間を嫌って近所の人を昼だけ雇ったり、食事を用意しなかったり、という蔵が増えるなか、ラフォレさんでは収穫時の15日間ほど醸造元に寝泊りし朝~晩のご飯も一緒に食べる「合宿みたいな共同生活」を送るという収穫時の伝統を守っている。

今年も32人の人が集まり、雰囲気は今年も最高!

452.jpg


合宿所にはダイニングルームの壁一面に参加した人達のコラージュ写真が、その年ごとに飾られている。皆本当に楽しそうな笑顔で写っている。

その③:家族の愛情とその輪


朝食⇒おやつ⇒昼食⇒夕食と食事の世話だけでも大変なのに、大勢集まると何かとトラブルが起きるらしい。
そこを調整するのもラフォレさん家族の仕事。

112.jpg

収穫自体は結構ツライ肉体労働!ヘトヘトになるが毎晩楽しい宴会が繰り広げられ、収穫の最後には皆、家族のように親しくなるらしい。

DSC_6007-1.jpg

ここで出合って結婚にまで至ったカップルも結構いるとの事。
20人近くは毎年その時期に、わざわざ休みを取って参加するリピーター達で、残りは参加者達の口コミで集まるそうだ。

DSC_5751-1.jpg

【アベック・ジョワavec joy】
「みんなで楽しく、良い雰囲気の中で収穫を行う事はブドウにとって、とてもよい事で大切なんだ」とラフォレさんは話してくれた。
ラフォレさんのワインの中には、蔵元の想いと共に、このたくさんの人達の喜びや楽しさが一緒に詰まっており、まさに「和醸良酒」である。

そして今年の醸造は、ラフォレさんは指示を出すのみ。
息子のトマとピエールに作業を任ました。
彼らもそれを喜んでいて、とても気合いが入っています!

今年は若いパワーが入ったヌーヴォーになりそうです!

2013年11月21日(木)ボージョレ・ヌーヴォー解禁!!

◆ジャン・マルク・ラフォレ 
ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー
“キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ”

ブドウ農家の【ラフォレさん】が大切に育てたブドウから造られる情熱と愛情がいっぱい詰まった優しい味わい。除草剤は使わず、手間隙かけた丁寧な畑仕事をされています。喜びのヌーヴォ!
ヒゲ店長のオススメです!!

¥4,100
(予約割引10%OFF価格)
⇒ ¥3,680  
★予約割引11月18日(月)まで

ボジョレー・ヌーヴォー解禁まであと18日!!

2012.10.29 Mon

今月のワインBARもあと3日。
BARが終わると11月。
今年もあと2ヶ月チョットとなりました。

そしてボージョレ・ヌーヴォーの解禁まであと18日に迫りました。
予約割引は11月11日まで!
予約絶賛受付中です!!

今年は、数々の厳しい試練を乗り越えてできたヌーヴォー。
1粒1粒には旨味がとても凝縮しています。

ラフォレさんから最後の栽培奮闘記が届きました。
++++++++
10月22日、ついにヌーヴォーのビン詰めを行いました!

Embouteillage Octobre 004

出来上がりにはとても満足しています。
色合いはルビーレッドの深い色調、
しっかり熟したベリー系果実に、
ほんのり甘草のようなニュアンスが混ざる豊かな香り。
そして味わいには程よいコクがあって余韻も長く、とっても美味しいです!

Pressurage 2012 011

ビン内で少し休ませた後、箱に詰めて出荷完了。
あとは日本に無事届くのを祈るばかり…。
11月15日(木)の解禁には、皆さんに美味しく楽しんでもらえたら嬉しいです。

Embouteillage Octobre 002

2012年のレポートもこれが最終回となります。
今年は厳しい年でした…。
でもいろんなの苦難を乗り越えてできたワインは格別に美味しく、感無量です!

Embouteillage Octobre 003

ぜひ皆さんにも気に入っていただけると嬉しいです。
ありがとうございました!

+++++++++

今年は、冬の冷害、雹(ひょう)の被害、降り続く雨の影響っと
ボジョレー地区は大変厳しい年でした。

中には今年は被害が多く、収穫を諦めた蔵もあります。
収穫人を雇うのにもお金がかかるからです。
収入が0でも、マイナスになるよりは・・・
っとブドウがそのままにな放置されている畑もあります。

ラフォレさんの畑は、
長い間丁寧な栽培をしているおかげで、ブドウの木の力も強く、
ブルイ山(元火山)から流れる大地のエネルギー、
雹(ひょう)の被害も奇跡的に最小限ですみました。
それでも、収穫量は例年の70%。

厳しい自然環境をくぐり抜けできるラフォレさんのヌーヴォー
今年は特に大切に味わって飲みたいヌーヴォーです。


たびらも今年は色々とありました。
いい事も、悪いことも。
年末ではないですが、1年を振り返ってラフォレさんのヌーヴォーを楽しみたいと思います。

皆さんも是非、愛情一杯に育てられたラフォレさんのヌーヴォーを飲んでみて下さい。
毎年、本当に美味しいヌーヴォーを届けてくれています。
今年の試練をくぐり抜けたヌーヴォーが楽しみです。

■ジャン・マルク・ラフォレ
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー
”キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ”
¥3,980 予約割引⇒¥3,580
(11月11日まで)

今年も1位!

2011.11.07 Mon

ワインBAR終了後、休む暇も無く通信作成。
その間もワインBARがあったり、
研修会があったりとバタバタでしたが、
本日750通の通信の発送準備完了!です。

明日は定休日ですが、
東京の展示会に行ってきます。
久々にエスポアの仲間と語り合います。

なので8日(火)&9日(水)は勝手ながらお休みとさせていただきます。
10日(木)は13:00~営業です。

そして11月10日(木)の夜は
【大田かたやま】さんでのワインBAR

11月11日(金)は
【浜田ミシェル】さんでのワインBARです。
今週も怒涛の週となりそうです。

さて、ラフォレさんから嬉しい便り!
フランスワインショップ連盟の試飲会で
ラフォレさんのボージョレ・ビラージュ・ヌーヴォーが
2年連続で1位に輝きました!

DSC_0785-1925[3]

ここで豆知識
『ボジョレー・ヴィラージュ』とは・・
ボジョレー地区でも、
法律で認められた、良質なブドウが獲れる特定の畑。
『ワンランク上』の畑で造られたブドウで作られたヌーヴォー!

DSC_0660-1925[3]

その【ボージョレーヴィラージュ】の中で
60本の完全ブラインドテイスティングで選ばれ、
去年に引き続き今年も1位!

DSC_0802-1925[3]

濃縮感とフレッシュ感が共存する美味しいヌーヴォが出来上がりました。
美味しいヌーヴォーの訳は、
手間を惜しまない葡萄作り。

コンビニやスパーで売ってるヌーヴォーは、
買った葡萄で作る場合が多いです。
それも解禁にあわせて時間の無い中、機械的に作る

大量生産のヌーヴォーを飲んで、
『ヌーヴォーってただのイベントでしょ!』っと思ってる方も多い。
そんなヌーヴォーとは一緒にされたくない!

葡萄作りのほかにラフォレさんのこだわりは、
毎年合宿形式でおこなわれる収穫

20110922_1319135.jpg

昔は当たり前だったのですが、
今ではお世話が大変なので行われなくなった蔵が多いです。

20110922_1319136.jpg

毎年多くのリピーターの収穫人が集まります。
このときにラフォレさんが気を使うのが、
収穫人の雰囲気作り

20110922_1319148.jpg

10日間の収穫の間に疲れも出てきます。
そんな疲れをみんなのコミニケーションで盛り上げながら行っていきます。

20110922_1319149.jpg

だから、ラフォレさんのヌーヴォーには
収穫の楽しい波動が伝わってるのです。

20110922_1319153.jpg

料理は奥さんの手作り。
毎日30人以上の料理を作ることは、
愛情なくしてはできません。

20110922_1319156.jpg

何よりもこの収穫の楽しさを大切にしているラフォレさん。
気持ちが入っているヌーヴォーです。

なのでワインから喜びと幸せが伝わってきます。

DSC_0826-1925[3]

ラフォレ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー
¥3,980⇒予約割引¥3,580

今年はBARもあるので、去年よりも多く仕入れています。
予約割引は11月14日(月)まで!
まだ間に合います!
お早めに!!

今年結婚された方、子供の誕生・・など、
今年がなにか記念の方にプレゼントされても喜ばれます。

また、解禁にあわせて飲むのもよし、
少し落ち着かせて、
年末に今年を振り返りながら楽しむのもまた良し!

幸せと喜びが詰まったヌーヴォーをお楽しみください!

★11月10日(木):18:00~23:00
【大田かたやまワインBAR】
約6種のワインをグラスで楽しめます。

★11月11日(金):18:00~23:00
【浜田カフェミシェルワインBAR】
約6種のワインをグラスで楽しめます。

★11月13日(日):10:00~14:00
【大人の遠足@NaoFarm】
*第1部:10:00~11:00
【畑作業体験&野菜料理教室】
芋掘りなど畑作業を体験後、人気の
Naoさんの野菜を美味しく食べる料理教室

*第2部:11:00~
【野外ワイン会&食事会】
美味しい空気を吸いながら、Naoさんの料理と丁寧に作られた想いのこもったワインOR地ビールを楽しみます。野菜とワインのコラボです。

*野外でワイン会OR地ビール会:¥3,800
*アルコール飲めない人:¥2,000
*子供参加OK(小学生以下¥500・19歳以下¥1,000)

★11月14日(月)
【ボージョレ・ヌーヴォー早割締め切り】

★11月17日(木)
【ボージョレ・ヌーボー解禁!】

★11月22日(火):19:00-21:00
【広島Herstory Houseワイン会】
会費:¥4800

★11月25日(金)~30日(水)
【月末ワインBAR】
18:00-23:00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。