Home自宅ワイン会>ワイン会 ~シャトーガイヤー編~

ワイン会 ~シャトーガイヤー編~

2014.07.12 Sat

海斗です。
7月の5日にワイン会を行いました。
翌6日には様子をアップしようとしたのですが、
カメラとパソコンを接続するケーブルが行方不明に。
たびらブラックホール発生。
今日やっと開放され発見しました。

さて、今回の造り手さんはロワール地方のシャトーガイヤー。
1978年に畑を購入してから、ずっと自然農法でやっとられます。
89年からはバイオダイナミクス農法を導入し、
畑を取り巻く環境も安定してきているそうです。
醗酵の酵母も人工でなく、
土着の酵母で醗酵を行っているバリバリの自然派。
醸造に関しても、
澄んだ香りと味わいからとても丁寧な作業をされているのが感じられます。

今回は白2本、ロゼ1本、赤3本の計6本。

P1120543.jpg
白はソーヴィニヨン・ブラン100%と、
シュナン・ブラン&シャルドネのブレンドの2種類。
13年ヴィンテージのこれらは、
なぜか味わいの方向性が似ていました。
特にブレンドの方は、
印象が全く別物。
13年の特徴なのでしょうか。
両方とも酸味でキリッと引き締まった、
夏にしっかり冷やしていただきたいワインですね。

ロゼは当店定番のアイテム。
硬さの無いフレッシュでフルーティーな味わいは、
外れなく美味しいです。

P1120542.jpg
そして赤2種類は、
ガメイ100%と、
カベルネ・フラン&コット&ガメイのブレンド。
ガメイの方は、
一言で表現するとオリエンタル!
お香のような香りがしました。
みずみずしいけど果実味は控えめ、
複雑というか小難しいというか。
ブレンドの方は、
だいぶ前に飲んだときと印象が変化。
落ち着いた樽の香りに充実した味わい、
非常にエレガントです。
ガメイと同じく果実味が控えめで、
キャッチーさは皆無。笑
人を選ぶワインですが、
是非1度飲んでみて欲しいですね。

今回のお料理です。
P1120545.jpg
・モロッコインゲンのバター炒め
・トウモロコシのフリット
・アスパラガスとしめじのバルサミコソース

P1120548.jpg
・アボカドとサーモンのベリーニ
・桃とチーズのサラダ バジルソース

P1120550.jpg
・バトウのフライ サルサソース

P1120552.jpg
・まる姫ポークの薫り揚げ&レバーの燻製


P1120554.jpg
ちょっとモザイク強すぎましたか。

今回のシャトーガイヤーは初のピックアップ。
皆様新たな味わいを楽しまれていました。
次回のワイン会は8月2日。
造り手さんはラングドック地方のミレーヌ・ブリュ!
超マイクロなワイナリーなので、
全アイテムがレアです。
希少なワインを飲みませんか?
是非参加をお待ちしております。


コメント

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*Re: 質問です。

時々来店する者 さま

お問い合わせありがとうございます。
今年のお盆BARは14日(木)15日(金)の予定です。
通常の月末ワインBARのようにお料理も用意しています。

16日の江の川祭りも営業いたしますが、こちらはおつまみのみでさせて頂く事になっています。
もちろんワインはグラスで揃えます。

14日は予約は入り始めており、残りテーブル2席・カウンター6席
15日はまだお席に余裕があります。
予定が決まりましたら、ご予約頂ければお席の確保しておきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

> コメントでなくてすみません。今年、お盆Bar開催なさいますか?

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://espoatabira.blog130.fc2.com/tb.php/623-36a45c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)